原料へのこだわり

鶏×炭×塩

鶏×炭×塩 最高のバランスで生まれた、炭火焼鳥

とりの炭火焼

受け継がれる炭火焼への思い

眩しい太陽と青い海、青い空。
宮崎県で産まれ育った日向どりの中から脂ののった旨みのあるものを厳選し、特上の炭で丁寧に手焼き。
そして、鶏の旨みを引き立てる播州赤穂の粗塩を使用。
職人の熟練された技術と感覚で、天然の粗塩の風味と食欲を誘う香ばしい炭の香りが絶妙の味付けに。
素材と味にこだわった日向どり炭火焼。

極上の宮崎日向どり

南国・宮崎の豊かな自然でのびのびと育った日向鶏は、とり源が自身を持ってご提供する上質な鶏肉です。 ブロイラー種が早いと60日程度で食肉用になるのに対し、この「日向どり」は産まれてから120~180日程も放し飼いにしたもの。
一般の鶏肉に比べると、脂肪は2分の1、コレステロールは85%と少なく臭みもなく爽やかな風味。
その中より脂ののった、旨みのあるものを厳選しています。

選び抜かれた宮崎日向どり

特上の炭

特上の炭

厳選した鶏肉を丁寧に焼き上げるため、炭にもこだわりました。
火力は約500度で安定し、遠赤外線効果で表面はこんがりと内部はジューシーに。
特上の炭で焼き上げることによって旨みを閉じ込め、豊かな風味と香りを生みます。
製品が黒いのも炭火焼ならではの特徴です。

天然の赤穂粗塩

鶏の旨みを引き立てる塩は、日本でも数々の名塩を生み出してきた、播州赤穂の粗塩を使用。
ほのかな甘みや旨みが素材そのものの美味しさを引き立てます。
とり源が厳選した、こだわりの塩です。

赤穂の粗塩

原材料へのこだわり

とり源の鶏炭火焼は、コンビニ・生協で取り扱われている信頼の商品です。

炭火を使用し、手焼きで焼き上げた「鶏炭火焼」。 全ての工程をきめ細やかな手作業で行うので、安全・安心です。 噛めば噛むほどジューシーな旨味が出る。とり源の看板商品「とり炭火焼」は全国のコンビニでも販売中! 科学調味料未使用、赤穂塩と酵母エキスのみで炭火で焼き上げた「酵母シリーズ」は生協でもお取り扱い中の商品です。